川崎のおすすめ注文住宅会社&工務店ガイド » 注文住宅を依頼する前に » フルオーダーとセミオーダーはどう違う?

公開日: |最終更新日時:

フルオーダーとセミオーダーはどう違う?

フルオーダー・セミオーダーの違いは?

フルオーダーとセミオーダーは、注文住宅を検討する際に覚えておいたほうがいいワードです。具体的にフルオーダーとセミオーダーの各メリット・デメリット、違いも含めて解説します。

フルオーダー

フルオーダーは、家づくりを0の状態からスタートする方法です。デザイン、間取り、設備もすべて自由に選べます。木材や断熱材、設備のメーカーまですべて選べるため自由度は高いです。実際に家を施工する設計者や職人やインテリアコーディネーターが家づくりのサポートをしてくれます。

フルオーダーのメリット

すべて自分で決められるのがメリットです。家づくりは、間取りや内装をはじめ、外装やインテリア、設備、細部になると建材や金具のような細かな部品で構成されています。フルオーダーでは自分のこだわりや理想をすべて反映できるため、世界に2つとない自分らしい個性的な家も建てられるのです。

フルオーダーのデメリット

セミオーダーや建売よりコストは高いです。デザインや形状が個性的で複雑であれば、そのぶん、工数も手間もかかります。建材や設備も、個別購入になるため、まとめて大量買いができません。結果、建売よりもコストが高くなり、予算オーバーになりがちです。施工が複雑になればそのぶん、住むまでの時間は長くなります。

フルオーダーの家はこんな人におすすめ

フルオーダーに向いている人は、建売ではなく個性を求めている、とにかくこだわりたい方です。予算にも余裕があり、打ち合わせに割ける時間や入居までのんびり待てる方に適しています。

セミオーダー

セミオーダーは、デザインや間取りや建材や設備など、すでに決められたものから選んでいく家づくりです。フルオーダーより自由度は少ないですが、すでに建てられている建売より自分で決められる部分があります。フルオーダーと建売の中間をイメージすればいいでしょう。

セミオーダーのメリット

フルオーダーと比較すると、決められたデザインや設備や間取りから選べるため、コストを抑えられます。自分で決定する部分が少ないぶん、打ち合わせ時間も短くて済むのもメリット。自由度は少なくても、建売より施主が決められる部分は多いです。

セミオーダーのデメリット

決められている部分が多いため、フルオーダーと比べると自由度は少ないです。コスト面だと建売より高くなります。自由度が高いセミオーダー住宅もありますが、そのぶんコストは追加料金やオプションとしてかかってきます。

セミオーダーの家はこんな人におすすめ

「フルオーダーができるほど予算や時間に余裕がないけど、建売のようにまったく自分で決められないのはイヤ」という方に向いています。細部まではこだわらなくても大丈夫、ただし建材やデザインや間取りは、用意されているもので理想に近づけたいという方にも向いている家づくりです。

【川崎で坪単価を独自調査!】おすすめRC注文住宅会社ランキング

鉄筋コンクリート造りのRC住宅が建てられる川崎の注文住宅会社に、実際に坪単価を問い合わせてみた。問い合せフォームやメールを使った質問に、きちんと返信してくれた地元川崎の住宅会社は5社のみ。各社について詳しく紹介しよう。(2019年12月時点)

▼右にスクロールできます▼

  ガルニエ ダイヤ
ビルト
光正
工務店
大山組 露木建設
坪単価 80万円〜 100万円〜 120万円〜 140万円〜 140万円〜
構造 RC造・
木造
RC造・
木造
RC造・
木造
RC造・
鉄骨造
RC造
公式
サイト