公開日: |最終更新日時:

注文住宅でよく聞く「ZEH」とはなにか

注文住宅について調べたことがある人なら、「ZEH」という言葉を見かけたことがあるでしょう。これから注文住宅を建てる際には、この「ZEH」という言葉が重要なキーワードとなります。ここでは、ZEHについて、その概要やメリット・デメリットについて見ていきましょう。

ZEHはネットゼロエネルギーハウス

ZEHとは、「ネットゼロエネルギーハウス」の略称で、「ゼッチ」とも呼ばれています。今後の住宅には、断熱性能、気密性能を高めることで冷暖房に頼らずに一定の温度を保てる優れた住宅機能が求められています。それに加えて、省エネだけでなく再生可能エネルギー設備を導入することで住宅のなかでエネルギーを生産する「産エネ」によって、年間の一次エネルギー消費量の収支をゼロにすることを目指す住宅、それがZEHなのです。

ZEHの家を建てるメリット・デメリット

ZEHの家を建てるメリット1:光熱費を抑えられる

ZEHnの代表的なメリットが、光熱費を抑えることができる点です。屋内を快適な環境に保つためには、季節によって冷暖房を使う必要があります。しかし、高気密・高断熱性能を持つZEHなら、冷暖房に頼らず年間を通じて屋内を一定の温度に保つことができるので、結果的に光熱費を抑えられるのです。

ZEHの家を建てるメリット2:健康に優しい環境になる

屋内で、リビングなどの温度の高い場所からトイレやお風呂場といった温度の低い場所に移動すると、急激な温度変化によって血管が収縮し、心臓にダメージを与えてしまいます。これが「ヒートショック」です。このヒートショックは、屋内で温度が高い場所と低いことがあることが原因なので、ZEHのように屋内を一定の温度に保つことができればヒートショックも防げます。

ZEHの家を建てるデメリット1:設備費用がかかる

ZEHの実現のためには、良質な断熱材や実績のある業者による施工、十分な性能を持った省エネ・創エネ設備が必須です。そのため、ZEHを建てるためには多額の初期費用がひつようになります。このデメリットを解消するためには、各種の補助金や各ハウスメーカーが用意しているサービスを利用するのが有効です。

ZEHの家を建てるデメリット2:デザインや間取りが制限される

ZEHの実現のためには、各種設備を住宅に設置することが必須条件となります。その結果、住まいのデザインや間取りが制限されることがあるのです。たとえば、太陽光発電システムを屋根に搭載するとなるとより多くの太陽光を集めるために屋根の形状を切妻屋根ではなく片流れ屋根にせざるを得なくなる場合があります。

【川崎で坪単価を独自調査!】おすすめRC注文住宅会社ランキング

鉄筋コンクリート造りのRC住宅が建てられる川崎の注文住宅会社に、実際に坪単価を問い合わせてみた。問い合せフォームやメールを使った質問に、きちんと返信してくれた地元川崎の住宅会社は5社のみ。各社について詳しく紹介しよう。(2019年12月時点)

▼右にスクロールできます▼

  ガルニエ ダイヤ
ビルト
光正
工務店
大山組 露木建設
坪単価 80万円〜 100万円〜 120万円〜 140万円〜 140万円〜
構造 RC造・
木造
RC造・
木造
RC造・
木造
RC造・
鉄骨造
RC造
公式
サイト