注文住宅の建築面積とは?

注文住宅の情報を調べていると、雑誌などでは間取りのそばに「建築面積」や「延床面積」などと表記されていることがあります。

実は、建築面積や延床面積などは新築購入だけでなく住宅売却でも使われるものです。

この記事では、建築面積と延床面積、施工面積や建ぺい率について解説しています。

建築面積とは?どの部分の面積のこと?

建築面積は平家でも二階建ての住宅でも、どちらの形式でも「家の外周」から割り出す面積。真上から家を眺めたときの長さで測ります。建ぺい率の計算に使われる面積です。坪数で表記されることもあります(その場合は建坪と呼ばれます)。

建築面積の計算方法について

基本的には一階部分の面積をそのまま建築面積とするケースが多い傾向にあります。

ただし、建築面積は広い方がカウントされるため、一階よりも二階のほうが張り出したつくりになっている場合は、二階部分を上からみた外周をみます。

バルコニーは建築面積に含まれる?

バルコニーは柱や壁がついていないもので壁から1m以上突き出していないものは建築面積に含まれません。

ただし、バルコニーそのものが壁から1m以上突き出している場合は、建物の先端から1m引いて残った部分から外周を測って算出します。

この時注意が必要なのが、バルコニーそのものが3面突き出していても1m後退させて考えるのはあくまでも先端の1面のみを後退させるという点です。

ハウスメーカーや工務店でも計算を間違えることがあり、売却の際に不適格建築物となってしまうことも。不安な場合は専門家に相談するのも大切です。

駐車場や中庭も建築面積に含まれる?

条件によっては建築面積に含まれます。

ガレージやカーポートのように屋根や柱のあるものは建築物扱いになるため、建築面積に含まれます。

中庭も同様に屋根や柱がある場合は建築面積になりますし、ないものは含まれません。

そのほか気になる住宅の面積について

建築面積以外で使われる面積について紹介します。

延床面積とは?

延床面積は建物すべての床面積を合計したものです。延床面積も建築面積と同じく「壁や柱」を基準に外周を測り算出します。

計算方法はおおむね建築面積と似ていますが、突き出したバルコニーの床面積は先端から1m引いた値ではなく、先端から2m引いた値になる点です。

また、ロフトや玄関ポーチは延床面積にカウントされないなど、細かな条件もあります。

不安な場合は担当者に改めて説明してもらうのがおすすめです。

施工面積とは?

施工面積は建築基準法の定めた面積の出し方ではないため、明確な計算方法は決まっていません。

業者によってバルコニーすべての面積を計算しているなどルールがことなるため、気になる場合は担当者に問い合わせてみましょう。

建築面積に関わる「建ぺい率」とは?

建ぺい率は土地に対しての建築物の面積の割合を算出したものです。

建ぺい率の上限について

住宅地の場合、土地を目一杯使って建築物を建てた際に火災が起きたら延焼する可能性が高くなります。

また、景観を損ねてしまったり風通りが悪くなったり日当たりが悪くなったりすることも。

過ごしやすい街づくりをするために基準を設けて、建蔽率に上限を定めています。

建ぺい率の上限は、住宅地の場合は30~60%とされるケースがほとんどです。

用途地域とは?建ぺい率とどう関わる?

用途地域は、街づくりのために用途を定めたエリアのことです。

住宅や学校を建設できる第一種低層住居専用地域や住宅に加えてコンビニや飲食店の建設もできる第二種低層住居専用地域。住居のほかに大型商業施設の建設もできる第一種住居地域や住居のほかにパチンコ店などの娯楽施設を建設できる第二種住居地域など全部で13種類あります。

建築予定のエリアがどの用途地域に含まれるかを調べて、上限を確認しておきましょう。

神奈川県では川崎市の公式サイトから用途地域を調べられるようになっています。

土地を購入する前にチェックしておくといいでしょう。

▼右にスクロールできます▼

  ガルニエ ダイヤ
ビルト
光正
工務店
大山組 露木建設
坪単価 80万円〜 100万円〜 120万円〜 140万円〜 140万円〜
構造 RC造・
木造
RC造・
木造
RC造・
木造
RC造・
鉄骨造
RC造
公式
サイト