公開日: |最終更新日時:

注文住宅の地下室

間取りを施主が自由に決められる注文住宅では、地下室を設けるのも思いのまま。ここでは主な地下室の種類とそれぞれの特色、地下室を設置するメリット・デメリットを取りまとめてご紹介していきたいと思います。ぜひ、参考にしてみてください。

地下室のタイプ

全地下

その名の通り、部屋のスペースがすべて地下に埋まっているタイプの地下室になります。防音性や断熱性はありますが、湿気がこもりやすく、光や風を採り入れることができないため、換気扇や除湿機の設置が必須。施工費用も高額となる傾向にあります。

半地下

部屋全体のスペースのうち、半分程度が地上に出ており、もう半分は地下に埋まっているタイプの地下室になります。全地下タイプでは不可能な採光性や通気性が確保できるというのが大きなメリット。一方、防音性や断熱性は全地下タイプには及びません。

ドライエリア

地上と地下室がつながる箇所の土を部分的に掘り下げ、地下室となる部屋の周辺に空堀となるスペースを設けるタイプの地下室になります。地下室から見ると、空堀部分は中庭のような感覚となります。もちろん採光性や通気性も確保可能。

傾斜地を利用した地下室

住宅を建てる敷地が勾配のある傾斜地の場合、その形状を利用し、低くなっている片側は外と接しており、高くなっている側は地下に埋まっているというスタイル。低くなっている側に勝手口を設けたり、採光のための窓を設けるといったことも行えます。

階段状の土地に作る地下室

住宅を建てる敷地が階段状に整地されている場合、その形状を活かして半地下タイプの地下室をより容易に設置することができます。ただし、そうした条件に合致する土地は圧倒的に少ないのが実情。そうした土地が見つかるかどうかにかかっています。

地下室のメリット

高い防音性を確保できる

前述の通り地下室は防音性に優れているのが大きな特色。例えば楽器演奏が趣味の方なら近隣への音漏れを気にせず演奏でき、音楽や映画鑑賞も大音量で満喫できます。DIYが趣味の場合でも、作業音が漏れることを気にする必要はありません。

敷地を上手く利用できる

改めて申し上げるまでもなく、地下室はワンフロア分の居住スペースを増やすことができるので、限られた土地面積をより効果的に利用することができます。その分、建築費用も高額になりますが、スキップフロアと組み合わせた半地下室とするといった工夫でコストダウンが可能です。

地下室のデメリット

費用がかさむ

当然ながら地下室はまず、敷地を掘り下げる必要があり、その分の費用が加算されます。地下室ならではの建材や建物の補強なども必要となり、前述した通り、湿気対策のための空調装置も不可欠。さらにはメンテナンス費用も一般的な一戸建てより高額となります。

浸水のリスクがある

昨今の地球温暖化が原因と思われる豪雨や台風の発生頻度が増えているのはご存知の通りです。地下室設置は当然、浸水防止を踏まえて行われますが、想定を超えた雨量となって浸水してしまうリスクはあります。とりわけドライエリアタイプは構造的に、水が溜まりやすいので注意が必要です。

【川崎で坪単価を独自調査!】おすすめRC注文住宅会社ランキング

鉄筋コンクリート造りのRC住宅が建てられる川崎の注文住宅会社に、実際に坪単価を問い合わせてみた。問い合せフォームやメールを使った質問に、きちんと返信してくれた地元川崎の住宅会社は5社のみ。各社について詳しく紹介しよう。(2019年12月時点)

▼右にスクロールできます▼

  ガルニエ ダイヤ
ビルト
光正
工務店
大山組 露木建設
坪単価 80万円〜 100万円〜 120万円〜 140万円〜 140万円〜
構造 RC造・
木造
RC造・
木造
RC造・
木造
RC造・
鉄骨造
RC造
公式
サイト