川崎のおすすめ注文住宅会社&工務店ガイド » 理想の注文住宅を建てるための基礎知識

公開日:|最終更新日時:

理想の注文住宅を建てるための基礎知識

理想の注文住宅を造り上げるには、工務店やハウスメーカー任せにするのではなく、施工主自身がある程度の知識を把握しておき、その上で業者と密なコミュニケーションをとることが不可欠です。そのためには、以下の事柄についての基礎知識を身につけておいてください。

災害に強い家が建てられる!
川崎の注文住宅会社5社の
詳しい比較を見る

建てる前に読む!注文住宅建築の基礎知識

外観デザイン

人気となっているコンテンポラリーやシンプルモダンといった主なスタイルや、窓やドアに関する種類や特徴などをご紹介しています。

間取り

住宅が完成した後で「失敗した・・・」「こうすればよかった・・・」と思いがちな失敗事例や、間取りに関するポイントについて述べています。

建築素材

柱やフローリングに用いられる木材の種類と特徴、外壁材や外壁塗料の種類や特徴などの情報を解説しています。

これから注文住宅を建てる予定の方はもちろん、いつかは建てたいと思いの方にも役立つ情報と思いますので、ぜひご覧ください。

水害に備える!川崎の土地柄に合った注文住宅づくり

家を建てる上で注意したいポイントが土地柄です。土地柄によっては水害を受けやすいエリアもあります。多摩川からほど近い川崎は水害を受けやすいのでしょうか。ここでは、川崎の土地の特徴とともに、中原区・幸区・麻生区の地質・地盤・水害の受けやすさなどを解説しています。併せて、水害に強い家を作るポイント、自分で出来る水害対策も紹介しています。このページをみれば、川崎の土地柄に合わせた注文住宅づくりのポイントが分かるでしょう。

注文住宅を建てるときの建築工法ごとのメリット・デメリット

注文住宅を建てる前に必ず理解しておきたいポイントが建築工法です。同じ木材で建てる家であっても、建築工法が異なれば特徴は異なります。それぞれの建築工法にメリットとデメリットがあるからです。川崎で注文住宅を建てる方は、理想に合致した建築工法で家を建てることが重要です。このページでは、木造軸組在来工法・2×4工法・鉄筋コンクリート(RC)工法・鉄骨組工法の特徴とメリット・デメリットを解説しています。参考にすることで、理想の建築工法が分かるでしょう。

路線価について解説!土地の価格の相場を調べるためには

注文住宅を建てるときに欠かせない土地。購入を予定している方は、価格が気になるかもしれませんね。土地の価格を調べるときに役立つのが路線価です。路線価とはどのようなものなのでしょうか。このページでは、路線価の概要と調べ方、路線価から評価額を算出する方法、路線価を活用するときの注意点などを解説しています。以上を参考にすることで、気になるエリアの土地価格の目安が分かるでしょう。土地の購入を予定している方や土地の価格を調べたい方は参考にしてください。

川崎で注文住宅を建てる際の気になる相場を紹介

注文住宅を建てるにあたり、どれくらいの費用が掛かるか気になる方は多いと思います。あてはまる方に、川崎の注文住宅の相場を紹介します。具体的には、家の総工費と内訳、土地の相場・工法の相場などを紹介しています。併せて、家を建てた時に掛かると予想される費用のシミュレーション結果も掲載しています。このページを参考にすれば、注文住宅を建てるためにどれくらいの費用が掛かるか分かるでしょう。気になる方は参考にしてください。

川崎で注文住宅を作る!住宅の構造、工法を解説

家を建てる上で最も重要な選択になるといわれているのが構造です。選ぶ構造により家の特徴が決まるからです。住宅の構造は、大きく「木造」「鉄構造」「鉄筋コンクリート」に分かれます。それぞれ、どのような特徴があるのでしょうか。また、どのような工法により家を建てられるのでしょうか。このページではこれらについて詳しく解説します。それぞれの特徴を理解して、最適な構造を選択しましょう。

木造とRCの混構造を知ろう

木造とRC(鉄筋コンクリート造)の2つの構造が採用されている住まいを混構造と言います。ひとつの住宅の中に、異なる性質を持っている木と鉄筋コンクリートを上手に取り入れることで、色々なメリットが生まれます。

注文住宅のリフォーム

川崎市で注文住宅を建てるときに確認しておきたいことと言えば、リフォームのこと。こだわりの詰まった家に長く住み続けられるようにメリット・デメリットや費用相場などを把握しておくことが重要です。

注文住宅を建てる時に加入を検討したい保険

地震、台風、洪水など大規模な自然災害が多い日本。昨今では、異常気象と呼ばれる極端な高温や豪雨も起こりがちで、自然災害への対策はますます重要になってきています。自然災害対策が重要なのは、家や家財も例外ではありません。

とくに新しく建てた家や大切な家財がある場合は、損害を受けた時のダメージを抑えるため、保険への加入を検討するのがおすすめです。注文住宅を建てる時に加入を検討したい保険代表的な保険を3種類紹介します。マイホームやお気に入りの家財を守るための参考にしてみましょう。

川崎市で受けられる補助金

注文住宅を建てるのには多額の費用がかかります。補助金や助成金でその費用を少しでも補いというのは誰もが考えることなのではないでしょうか。住宅を対象とした補助金や助成金制度は、国が行っているものだけでなく、各自治体が行っているものがあります。

自治体ごとに制度は異なり、対象や金額もさまざまです。お住まいの地域や転入予定エリアの自治体が行っている補助金や助成金制度を調べておきましょう。この記事では、では、川崎市で受けられる制度である「スマートハウス補助金」を解説していきます。

注文住宅の建築面積とは?

注文住宅情報や不動産広告などを見ていると、「建築面積」や「延床面積」という言葉がよく出てきます。しかし、2つの違いや意味をきちんと理解できていますか?「建築面積」や「延床面積」は、注文住宅を建てる時に、住宅の仕様や間取りを検討する上で欠かせない情報です。

この記事では、建築面積と延床面積、施工面積や建ぺい率について解説しています。具体的にどの部分まで含むのか?といった詳細まで解説していますので、実は細かいところまでは理解していなかったという方も参考にしてみてください。

注文住宅の断熱材について

断熱材は、夏の暑さや冬の寒さを遮り、建物の内側(室内)の温度を一定に保つために用いられる建材です。断熱材の種類は多く、設置方法(工法)もいくつかの種類があるので、断熱材のことはよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

しかし、家づくりにおいて断熱材選びは重要です。断熱材の性能や施工がしっかりしていないと、外の暑さや寒さの影響をダイレクトに受けて室内環境が悪化してしまうほか、冷暖房効率が下がり、結露も発生しやすくなってしまいます。

この記事では、断熱工法や断熱材の種類、断熱材の選び方や選ぶ際の注意点を解説していきます。断熱材について理解し、断熱材選びの参考にしてみてください。注文住宅を建てる際にきっと役立ちます。

ペットと暮らせる家の建て方

家族の一員であるペット。家を建てるなら、人はもちろん犬や猫にも快適な家にしたいですよね。一緒に暮らす動物たちの特性をよく理解し、彼らにとっても優しい素材を使用したり、間取りを工夫したりしましょう。

ペットが犬なのか猫なのか、また別の生き物なのかによっても変わってきますので、設計士やハウスメーカーなどとよく相談するようにしてください。いずれにしても、ペットと一緒に暮らすなら、十分な広さと安全を確保することを覚えておきましょう。

「ZEH」とは?

「ネットゼロエネルギーハウス」の略称である「ZEH」は、「ゼッチ」と読みます。経済産業省、国土交通省、環境省が連携して推進する住宅でもあり、補助金事業も展開しています。

ZEHとは、簡単に言うと「家庭内で使うエネルギーと、産出するエネルギーが同等もしくは多い家」というもの。そのために、高断熱・高気密が求められ、さらにエネルギー創出のための太陽光発電システムなどが必要となります。ZEHのメリットとデメリットをよく比較してみましょう。

注文住宅でできる防犯対策

注文住宅を建てるとき、防犯のことも視野に入れた家にすることが大切です。防犯対策のコツは「泥棒が嫌がる家」にすること。

そのためには、いくつかポイントがあるので家を建てる際の参考にしてみてください。

まずは、見通しのいい家であること。通りから中が見えにくい家は、泥棒にとっては目隠しとなる絶好の家となります。フェンスや塀など外構を作る際には気をつけましょう。その他にも、玄関ドアや窓を厳重なものにするなど、建てるときにできる対策は最初からやっておくと安心です。

もしもコンクリートが爆裂したら

コンクリートの爆裂をご存知でしょうか?外壁などにコンクリートを使っていると、経年劣化によりクラック(ひび)が入ることがあります。そこから雨水や空気などが浸入し、コンクリートの中の鉄が錆びてしまいます。

すると鉄筋が徐々に膨張し、やがてコンクリートが内部から爆裂してしまうのです。爆裂してしまうと、鉄筋が露出したり、コンクリートが欠落する恐れがあるため、補修が必要です。放置すると建物自体の寿命を縮めてしまうので、できるだけ早く補修・補強をしましょう。

もし新築が火事になったら?

せっかく家を建てたのに火事になったらどうなるのでしょうか。新築住宅の保証は、引渡し前か引渡しの後か、また自然災害か火事かによって異なります。

引渡し前の火災なら、施工会社が加入している保険で補修や再建築を行います。また引渡し前であっても、自然災害は一部の費用を建築主が負担します。引渡し後はすべて建築主の負担になるため、新築を建てたらすぐに火災保険などを検討して加入しましょう。

【川崎で坪単価を独自調査!】おすすめRC注文住宅会社ランキング

鉄筋コンクリート造りのRC住宅が建てられる川崎の注文住宅会社に、実際に坪単価を問い合わせてみた。問い合せフォームやメールを使った質問に、きちんと返信してくれた地元川崎の住宅会社は5社のみ。各社について詳しく紹介しよう。(2019年12月時点)

▼右にスクロールできます▼

  ガルニエ ダイヤ
ビルト
光正
工務店
大山組 露木建設
坪単価 80万円〜 100万円〜 120万円〜 140万円〜 140万円〜
構造 RC造・
木造
RC造・
木造
RC造・
木造
RC造・
鉄骨造
RC造
公式
サイト