どう探す?どう選ぶ?どう建てる?川崎で建てる注文住宅ガイド

川崎の注文住宅会社&工務店おすすめランキング » 注文住宅を依頼する前に » 川崎の注文住宅を知ろう!こだわりの収納の作り方

川崎の注文住宅を知ろう!こだわりの収納の作り方

神奈川県川崎市は、小規模な市でありながら多くの人々が暮らす人気の都市です。そんな川崎で注文住宅を建てる際には、ぜひポイントを押さえた方法で快適な生活空間を実現してください。特に注目すべきは、収納です。収納の作り方ひとつで、同じ家でも住み心地は大きく変わってくるためです。川崎における注文住宅の特徴、そして収納へのこだわり方などについて、まとめました。

 

川崎で注文住宅を建てる

同じ注文住宅でも、全国どこの地域に建てるかで方向性は異なってきます。そんな中、川崎に建てる場合はどういった点を意識すべきなのでしょうか。川崎における家造りについて、ご紹介します。

 

川崎の特徴

川崎と名がつく地域は全国にいくつか存在しますが、「川崎」というと基本的には神奈川県川崎市が代表的です。県の北東部に細長い形状で伸びており、約143キロ平米の面積を有します。北部にて首都東京と隣接していることもあり、特徴として人口の多さが挙げられます。それこそ、政令指定都市の中でも特に小規模な部類に入るにもかかわらず、都道府県庁所在地以外の市ではトップクラスの人口であるほどです。

 

居住地としての魅力

やはり位置的な特徴から、各方面へのアクセスの良さが挙げられるでしょう。南を向けば県庁所在地横浜、そして北部には前述の通り首都東京が広がっています。買い物やレジャー、通勤、また空港、船舶利用などにおいて、さまざまな利便性を感じることができます。

 

家を建てるときのポイント

都道府県庁所在地以外の市において全国有数の人口を誇るだけに、やはり住宅も密集している地域が少なくありません。そのため、比較的狭い土地面積において注文住宅を検討するケースが多いです。もちろん広大な土地も見つけられますが、その場合は潤沢な資金が必要となってくるでしょう。一般的な家庭であれば、やはり限られた土地をいかに活かすかがポイントとなってきます。そして、そこでおすすめとなるのが、今回のテーマである収納です。こだわりの収納があれば、限られた広さを最大限に活かしてゆとりある生活空間を実現することが可能です。

 

収納の種類

一口に収納といっても、いくつかの種類に分けられます。まずは、どのような箇所に設けられるのか、把握していきましょう。

 

玄関周り

まずは、扉を開けてすぐの箇所となる玄関周りについてです。ここは、屋外に持ち出す物を置いておくスペースとして重宝します。主には、自転車やゴルフバッグ、子供の屋外における遊び道具、ベビーカーなどです。比較的大きく、また持ち出しがしやすい場所に置く形となるため、便利に感じられます。

 

キッチンやLDK

生活空間の中心的な場所は、特にこだわりを持ちましょう。暮らしの利便性に繋がるだけでなく、見栄えや動線の広さ、空間の快適さなどにも影響してきます。コンパクトに、それでいて見栄えするような収納が理想的です。

 

クローゼット

収納のための空間である、クローゼットももちろん重要です。衣服の量が多い場合は、ひと部屋まるまるクローゼットにする場合もあります。逆に空間のゆとりを考えるなら、壁面収納が理想的でしょう。状況に合わせて、設置してください。

 

小屋裏収納

近年は、屋根裏を設けた注文住宅も人気となっています。空いたスペースを活かして収納空間とすることで、生活空間のゆとりがアップします。屋根裏のほか、階層の間に空間を作って収納に充てるタイプも多いです。

 

収納を施工するときのポイント

収納は、あればあるほど良いというわけでもありません。そこまで物がないにもかかわらず余分な空き空間を作ってしまえば、無駄に生活空間を狭めてしまうことでしょう。土地面積が狭くなりがちな川崎で注文住宅を建てるなら、なおさら考えるべきです。ポイントを押さえた作り方を、意識してみてください。

 

収納面積の割合

まず、家の面積と比較してどの程度の収納を設けるべきか紹介します。生活スタイルや職業によって変わってくるかもしれませんが、一般的にはだいたい家の10~20%が理想といわれています。まずはこの割合を基準に、検討してみてください。

 

とはいえ、それなら10%にして生活空間に余裕を持つに越したことがないのでは?とも思えるかもしれませんが、かならずしもそうとは限りません。物を溜めないタイプであるという自負があっても、何かと足りなくなるのが収納の特徴です。目安は10~20%としつつ、ある程度余裕をもったプランニングが重要です。

 

おすすめの収納とは

前述の通り、収納にもさまざまな種類があります。そしてその中でもおすすめといえるものに、壁面収納が挙げられます。収納効率が高く、また物の置き方ひとつでインテリアのような役割も果たすので、重宝しやすいです。

 

またサイズとしては、50センチ以内の奥行きを意識してみてください。収納としてはやや浅めに感じられるかもしれませんが、意外に多くの収納が可能であり、また取り出しやすいというメリットも合わさり魅力的に感じられます。

 

効率を考える上であまり理想的でない収納

川崎における収納は、特に効率を意識することが大切です。そのため、人気のタイプであったとしても非効率な種類については、あまり理想的といえません。代表例としては、ウォークインクローゼットが挙げられます。いわゆる、ひと部屋まるまる衣服用の収納にしたタイプですが、歩いて入る空間が必要な分、結構広いスペースを要するため空間を活かす上ではあまり魅力的といえません。狭い間取りを最大限活かすなら、避けた方が良いでしょう。

 

こだわり収納を施工するコツ

では具体的に、どういった施工の仕方が理想的なのでしょうか。最後に、こだわりの収納を作る具体的な方法についてご紹介します。

 

生活動線を考える

生活空間のゆとりを考える上で、特に重視すべきなのがこの生活動線です。くつろぎの空間も大事ですが、動線が圧迫されたようなつくりになると、生活全体までもが窮屈に感じられてしまいます。奥行きが小さめの壁面収納は、まさにこの点で重宝します。床上、床下収納に関しても有効です。

 

デザインへの意識

収納といっても、見栄えに関してはこだわるべきです。特に生活空間から見える場所の場合は、インテリアの意味合いも成します。機能性のみならず、色や質感、デザインに関してもとことんこだわりを持ってください。見栄えする収納スペースであれば、同じ物量であってもより快適に感じられることでしょう。

 

不動産会社の意見も取り入れよう

物を配置するのは個人でできますが、施工に関してはやはり最終的に業者が担当します。そのため、業者との連携も密にとるべきです。そしてこのとき実践して欲しいのが、実際に人気のある収納やおすすめの仕上がりなどを相談することです。個人の知識では、やはり至らない部分も出てくるでしょう。その点、プロの意見や過去実績も踏まえれば、実用的な収納に繋げられます。こだわりも重要ですが、専門業者の意見もしっかり取り入れながら、ベストな施工を目指してください。

 

 

収納は、快適な生活を送る上でぜひこだわるべきポイントです。特に人口や住宅が密集しており、限られた空間をうまく活かすことが大切となってくる川崎で注文住宅を建てる場合は、なおのことです。種類やポイントを押さえて、理想的な収納の施工を実現してみてください。

 

 
川崎の注文住宅会社&工務店おすすめ口コミ評判ランキング