川崎のおすすめ注文住宅会社&工務店ガイド » 注文住宅を依頼する前に » ハウスメーカー?工務店?注文住宅の依頼先の選び方

ハウスメーカー?工務店?注文住宅の依頼先の選び方

注文住宅の依頼先を選ぶときに、注意すべきポイントを紹介していきたいと思います。

まず、最初に悩みがちな、大手ハウスメーカーと地域密着型工務店のどちらがいいかというお話から。それぞれに長所と短所がありますので、それらを把握した上で自分にはどちらがいいかを判断すべきです。

注文住宅の施工業者選びで失敗しないために

大手ハウスメーカー

厳格な品質を保っており、また大手ならではのネットワークによりアフターケア体制も整っています。ただし大手ゆえに広告宣伝費や展示会場運営費用などのコストが、販売価格に上乗せされ費用が高めになる傾向があります。また会社にもよりますが、注文住宅といっても、一からすべてを作り上げることは難しく、ある程度決まったパターンの中から組み合わせを好みに応じてアレンジしてくという方式になります。

逆に言えば、全体的にバランスよく平均点がとれていて安心感を重視する方や、こだわりや個性はさほど求めていないといった方には適しています。

大手ハウスメーカーのメリット

  • 品質が安定している
  • サポートが充実している
  • 倒産するリスクが低い
  • 住宅ローンの審査に通りやすい

CMなどでお馴染みの大手のハウスメーカーだけでも、すぐに10社ほど思いつくように多くのハウスメーカーがあり特徴も異なります。しかし地域密着型の工務店などと比較した場合のメリットでは、おおまかに上記のようなものが挙げられます。最近では住宅性能の差別化を図るために、各社とも住宅の品質の高性能化を推進。長期優良住宅や低炭素住宅といった、標準以上の性能を持った住宅を提供しているハウスメーカーも少なくありません。

アフターサービスに関して多くのハウスメーカーは長期保証で保証の範囲も広く、問い合わせ窓口も24時間365日対応してくれるなどしっかりしています。こうした総合力は経営基盤のしっかりとした大手という安心感と信用力によるもの。全てのケースというわけではありませんが、住宅ローンの審査に通りやすいといった声も多くあります。

大手ハウスメーカーのデメリット

  • 価格が高い傾向にある
  • 個性的なこだわりが実現しにくい

最近では低価格住宅(ローコスト住宅)を手掛ける新興のハウスメーカーも登場しているようですが、やはり工務店と比較した場合金額が高い傾向にあります。また大手ハウスメーカーは、基本的に規格商品が前提になっているため自由度は低め。大手ハウスメーカーでもこだわりのフルオーダーの家を建ててもらうこともできますが、かなりの費用がかかります。こだわりが少ない方は大手メーカーを検討してみましょう。

地域密着型工務店

施主のイメージを尊重してプランを提案してくれる魅力がありますが、業者によって技術や提案力、かかる費用などにばらつきがあり、力量やコストパフォーマンスなどを見極めた上で依頼しなければなりません。

匠の技や心意気を感じ、その工務店と長く付き合っていけるという方や、地域密着ならでは何かあればすぐに飛んで来てくれることに安心を感じる、家づくりにこだわりがある方や、大手との価格差を家族の理想実現に使いたいといった方にオススメです。

地域密着型工務店のメリット

  • 自由度が高い
  • 価格が安い傾向にある

ハウスメーカーと比較すると施工上の制約は少ないため、キッチンやトイレなどを希望のメーカーにできることが多いようです。また広告宣伝費用などに多額の経費をかけないことから、価格が安くなる傾向があります。地域密着型なので土地勘があり、地域の情報を聞くこともできます。またデザインを建築事務所に依頼し一緒に住宅を建てることで、デザイン性の高い注文住宅を建てることも可能です。

地域密着型工務店のデメリット

  • 業者によって技術などのばらつきがある
  • 最新の技術やデザインに対応できないケースがある

地域密着の工務店は大手ハウスメーカーより会社の規模が小さいところが多く、大手に比べて少し頼りなく感じることがあります。施工技術は所属している大工さんや職人さんの腕次第で、流行のデザインや最新の設備などについて知識や提案力がない工務店もあります。

規模が小さい工務店では住宅ローンへのアドバイスが少なく、銀行ローンやフラット35などの手続きを自らが積極的に動かなければないこともあります。ローンのアドバイスをしてくれる工務店か、事前に確認することが大切です。

業者選び、注意すべきポイントはズバリこんな点!

■最初に何を聞いてくるか

土地の有無や予算、年収などを真っ先に聞いてくるような所は要注意です。物腰が柔らかくて丁寧な態度だったとしてもです。手っ取り早く契約することを優先し、施主の意向や理想などは二の次にされます。逆にどのような家が理想なのか、どんなこだわりを持っているのかを聞いてくる所であれば、信頼度は高くなります。

■土地だけ先に契約しない

注文住宅には建物と土地の両方が必要になりますが、土地と建物双方の値段が明確になってから契約を結ぶべきです。土地だけを先に購入し、建物の予算が足りなくなって妥協したり、土地を探し直すといったケースも起こり得ます。もちろん、そうした状況下で契約を急かす業者は優良とは言えません。

■建築途中の現場訪問や過去の依頼者に会わせてくれるか

現在建設中の現場見学会を開催したり、過去にその会社で家を建てた方に会わせて話を聞かせてくれる会社は、信頼性が高いと言えます。逆に、そのような対応を渋るような所は、何かやましいことがあったり、情報交換されたくない裏がある可能性大です。

■「建物本体価格」だけに惑わされない

広告や情報誌などでローコストを売りにしている所をよく見かけますが、ほとんどは「建物本体価格」だけで目を惹こうとしているパターンです。実際にはオプションと称し、のとのち費用が追加されるというケースも。見積もり提示の際は、その金額はどこまで含まれているのか、最終的な建築総費用なのかといった点に気をつけるべきです。

■本契約を急かせる会社

間取りや建物の仕様、追加工事、引渡し日などの項目が曖昧なまま本契約をさせようとする会社は、とにかく契約を取ることを最優先しており、施主の意向などは二の次です。また大手によくありがちなのは、いついつまでに契約してもらえれば、いくら値引きしますという甘言です。なかには数百万円というケースもある位です。それは逆に考えれば、元の見積もりでふっかけられているということでもあります。十分に注意してください。

■打ち合わせに時間をかけない会社

はっきり言って、施主の希望より自社の都合を優先させている会社です。時間をかけてじっくりと間取りや仕様を決めていくのが、あるべき姿です。ひどいケースになると、次から次へとプラン案を見せられて、たった一日で仕様も決めさせられたというエピソードも。それはもはや注文住宅ではありません。

■アフターメンテナンスの説明が少ない会社

どの位の頻度で定期点検を行なってくれるのか、保証の適用範囲はどこまでかといった説明を事前にしっかりしてくれない会社は要注意です。後々問題が起きても過失を認めない、専門用語で言いくるめるといった可能性大です。

■しっかりとした実績があるか

業者選びの比較材料のとして実績を重視する人は多いようです。実績の確認は非常に大切で、実績の少ない業者に工事を依頼してしまうと、トラブルに巻き込まれるリスクが上がることが多いようです。実績が少なくとも良い仕事をしてくれる業者もありますが、素人が事前にそれを見分けることは難しいため、実績のチェックはひとつの目安として大切です。

■プロとして常に客観的か

建売住宅とは違い注文住宅では、いろいろなことが希望を実現できます。しかし、施主の言うことばかりをなんでも聞きすぎる業者も良い業者とは言えません。施主の希望どおりに家を作ることが、住みやすい家になるとは限らないからです。もちろん、自分が注文する住宅なので、ある程度は注文どおりになります。しかし、経験を積んだプロにしかわからないことや建築にはさまざまな規制もあるからです。施主の意見に耳を傾けつつも、常に客観的な立場でプロの目線に立った意見を伝える業者こそが本当に頼れる業者といえます。

■保証制度に加入しているかどうか

注文住宅を建てる前に信頼性を図る指標として、保証制度があるか確認しましょう。保証期間の長さだけでなく、保証の対象や条件にも注目するのがポイントです。もし保証期間が短いと、不具合や修繕が見つかっても費用が自己負担になる可能性もあるからです。

他にも住宅完成保証制度があります。工務店が施工途中で倒産してしまった場合、別の工務店が工事を引き継いで住宅を完成させてくれる制度。この保証制度に登録している業者であれば確実に住宅を完成させることができます。経営水準や法令に基づく違反が無いかなど、条件を満たしている業者だけが登録できる制度なので信頼性を測る目安にもなるでしょう。

■公式サイトを深読みする

ホームページや会社パンフレットに載っている実績や供給棟数ですが、その実績数は注文建築か建売住宅かといった区別や、中にはリフォームとの区別が明確でないことも少なくありません。新築工事を多くしているかのように誤解させる表現になっている場合もあるので、記載内容だけで判断せず担当者に質問して反応をうかがうなどしてみるとよいでしょう。

まだデザイン賞をはじめ受賞歴や実績などに日付があるかなど、確認することも信頼性の目安になります。気になる注文住宅のデザインに受賞歴があった場合は、実際に検索してみましょう。

■口コミ評判をチェックしてみる

工務店の口コミ評判をチェックは、実際に家を建てた人の評価なのでとても貴重です。口コミを見るポイントは、できあがった家の感想に加え、見積もり以前からはじまる、提案力や施工における業者のコミュニケーション能力です。

注文住宅では設計段階から何度も相談をすることになります。顧客の要望を聞き取る能力があるか、プランの提案能力は高いかなどが重要です。しかし口コミはあくまでも依頼した人の感想ですので一概には言えません。親身になって要望を実現してくれる工務店なのかどうか、見極める手段として上手に活用しましょう。

■高い技術力を持っているかどうか

ハウスメーカーのように標準的な仕様があるところでは、工業製品並みに品質管理がしっかりしています。しかし工務店による注文住宅では、業者によって品質や性能にばらつきがあります。職人たちが現場で作っていくため、仕上がりは職人の腕の善し悪しに大きく左右されてしまうからです。こうした技術力を調べるには、これまでに手掛けた住宅や施工中の現場を見学するのが理想的。注目すべきポイントは、丁寧さや正確さなど家の細かな仕上がりです。気になる部分は丁寧に観察してみましょう。

その他には建築士や施工管理技士など、資格を保有するスタッフがいるかどうかを確認するのも技術力を図る目安になります。工務店やハウスメーカーによって異なる特徴を持っているため、その基本的な違いを押さえて高い技術力を持った業者を選ぶようにしましょう。

■自分の求める品質やデザインを実現してくれる業者かどうか

同じ木造住宅であっても柱や梁で組み上げていく在来工法、木製のパネルで壁を建てていくツーバイフォー工法などさまざま。山小屋のように丸太を組んで作るログハウスなどもあります。しかし、こうしたさまざまな工法のすべてに対応できる業者はほとんどなく、工法によって得意・不得意があるというのが一般的です。

ハウスメーカーによっては、住宅建設に使用できる材料や設備機器などが決められている場合もあるので、幅広いメーカーや材量の選択が可能か確認してください。施工実績からデザインの方向性や得意な分野もチェックするとよいでしょう。業者を選ぶ際にはこれまでに建てられた住宅の実績を確認して、自分の希望を実現してくれる業者を選びましょう。

■見積書の内容を比べてみる

同じ坪数・設計図でも、業者によっては200〜500万円程度の差が出ると言われています。安すぎるようであれば悪徳業者を疑いますが、本当に良心的な業者である場合も。見積もりの判断基準はあくまでも内容です。見積もりの総額ばかりを気にしてしまいがちですが、総額ではなくその内容に注目する事が大切です。特に一式という言葉を多用しているような請求書は、どこに費用がかかっているか分からないため避けるべき要素となります。

家は人生の中でも高額な買い物です。価格や仕様が不透明なままでは良い家づくりは出来ません。希望が実現できる家を適正な価格で建てるためにも、1社ではなく複数の会社から見積もりを出してもらう相見積を依頼しましょう。ただし、数が多すぎると比較が大変なので2、3社程度に絞ると効率的です。