どう探す?どう選ぶ?どう建てる?川崎で建てる注文住宅ガイド

川崎の注文住宅会社&工務店おすすめランキング » 注文住宅を依頼する前に » 施工業者の選び方のコツ

施工業者の選び方のコツ

注文住宅の依頼先を選ぶときに、注意すべきポイントを紹介していきたいと思います。

まず、最初に悩みがちな、大手ハウスメーカーと地域密着型工務店のどちらがいいかというお話から。それぞれに長所と短所がありますので、それらを把握した上で自分にはどちらがいいかを判断すべきです。

注文住宅の施工業者選びで失敗しないために

■大手ハウスメーカー

厳格な品質を保っており、また大手ならではのネットワークによりアフターケア体制も整っています。ただし大手ゆえに広告宣伝費や展示会場運営費用などのコストが、販売価格に上乗せされ費用が高めになる傾向があります。また会社にもよりますが、注文住宅といっても、一からすべてを作り上げることは難しく、ある程度決まったパターンの中から組み合わせを好みに応じてアレンジしてくという方式になります。

逆に言えば、全体的にバランスよく平均点がとれていて安心感を重視する方や、こだわりや個性はさほど求めていないといった方には適しています。

■地域密着型工務店

施主のイメージを尊重してプランを提案してくれる魅力がありますが、業者によって技術や提案力、かかる費用などにばらつきがあり、力量やコストパフォーマンスなどを見極めた上で依頼しなければなりません。

匠の技や心意気を感じ、その工務店と長く付き合っていけるという方や、地域密着ならでは何かあればすぐに飛んで来てくれることに安心を感じる、家づくりにこだわりがある方や、大手との価格差を家族の理想実現に使いたいといった方にオススメです。

業者選び、注意すべきポイントはズバリこんな点!

■最初に何を聞いてくるか

土地の有無や予算、年収などを真っ先に聞いてくるような所は要注意です。物腰が柔らかくて丁寧な態度だったとしてもです。手っ取り早く契約することを優先し、施主の意向や理想などは二の次にされます。逆にどのような家が理想なのか、どんなこだわりを持っているのかを聞いてくる所であれば、信頼度は高くなります。

■土地だけ先に契約しない

注文住宅には建物と土地の両方が必要になりますが、土地と建物双方の値段が明確になってから契約を結ぶべきです。土地だけを先に購入し、建物の予算が足りなくなって妥協したり、土地を探し直すといったケースも起こり得ます。もちろん、そうした状況下で契約を急かす業者は優良とは言えません。

■建築途中の現場訪問や過去の依頼者に会わせてくれるか

現在建設中の現場見学会を開催したり、過去にその会社で家を建てた方に会わせて話を聞かせてくれる会社は、信頼性が高いと言えます。逆に、そのような対応を渋るような所は、何かやましいことがあったり、情報交換されたくない裏がある可能性大です。

■「建物本体価格」だけに惑わされない

広告や情報誌などでローコストを売りにしている所をよく見かけますが、ほとんどは「建物本体価格」だけで目を惹こうとしているパターンです。実際にはオプションと称し、のとのち費用が追加されるというケースも。見積もり提示の際は、その金額はどこまで含まれているのか、最終的な建築総費用なのかといった点に気をつけるべきです。

■本契約を急かせる会社

間取りや建物の仕様、追加工事、引渡し日などの項目が曖昧なまま本契約をさせようとする会社は、とにかく契約を取ることを最優先しており、施主の意向などは二の次です。また大手によくありがちなのは、いついつまでに契約してもらえれば、いくら値引きしますという甘言です。なかには数百万円というケースもある位です。それは逆に考えれば、元の見積もりでふっかけられているということでもあります。十分に注意してください。

■打ち合わせに時間をかけない会社

はっきり言って、施主の希望より自社の都合を優先させている会社です。時間をかけてじっくりと間取りや仕様を決めていくのが、あるべき姿です。ひどいケースになると、次から次へとプラン案を見せられて、たった一日で仕様も決めさせられたというエピソードも。それはもはや注文住宅ではありません。

■アフターメンテナンスの説明が少ない会社

どの位の頻度で定期点検を行なってくれるのか、保証の適用範囲はどこまでかといった説明を事前にしっかりしてくれない会社は要注意です。後々問題が起きても過失を認めない、専門用語で言いくるめるといった可能性大です。

 
川崎の注文住宅会社&工務店おすすめ口コミ評判ランキング