どう探す?どう選ぶ?どう建てる?川崎で建てる注文住宅ガイド

川崎の注文住宅会社&工務店おすすめランキング » 注文住宅を依頼する前に » 住宅見学会とは

住宅見学会とは

注文住宅を建てる際には施工会社や工務店を選ぶ参考として、現場見学会に行くことをぜひおすすめします。

住宅の仕上がりを見る手段としては、住宅展示場やモデルハウスが一般的ですが、これらは「見せる」ことを目的として設定された仮想住宅です。 オプション仕様やグレードアップが施され、高価な家具を配置することで見栄えを良くする仕掛けがなされています。 それに対して現場見学会では実際に施工している家を見られるので、現実味のあるイメージをつかむことができます。

現場見学会には、工事中の建物の内部構造が見られる「構造現場見学会」と、完成した建物の中に入れる「完成現場見学会」の2種類があります。

構造現場見学会では、基礎・土台・構造材などを途中の段階で、詳しく見ることができるので安心感が得られます。
完成現場見学会では施工主の家族構成なども参考に、自分たちのライフスタイルに合わせた間取りやレイアウトなどの具体的なヒントが得られます。 Web上で見学会日程のチェックができ、そのまま予約を入れられるシステムを提供している企業も多く見られます。施工の各段階や住宅規模など、見てみたい希望を伝えれば、それに合わせた現場を公開してもらえます。

構造現場見学会でチェックしたいポイント

住宅のもっとも重要な部分である内部構造がチェックできる構造現場見学会ですが、完成現場見学会に比べると、あまり人気がないといわれています。

理由としては「構造については素人が見てもよくわからない」「業者からの説明で十分」といったところが考えられます。柱や土台を見ても華やかさがなく、あまり楽しくないからというのが本音かもしれません。 しかし、家づくりの過程を自身の目で見ることで、より住宅への理解を深められます。何よりも構造の施工状態を見れば、その業者の家づくりへの姿勢がわかります。

それでは構造現場見学会に出向いた際には、どこをポイントにして見ていけば良いのでしょうか。 もっとも基本的な見方は、「完成後に見えなくなる部分に注目する」ということです。わざわざ構造現場見学会に出かけるのであれば、ごく当たり前に思われますが、施工精度の高さは内部面でこそ重要です。

施行会社には、それぞれ作業する際のルールがあります。工法や構造、断熱、耐震については基準があり、それに従って施行されるのは当然ですが、いくら良い工材を使用していても施工技術が低くては意味がありません。 断熱材が100%すみずみまで同じように取り付け・吹き付けがされているか、窓枠など細部の接合部分がしっかりと組み込まれているかなど、会社の施工ルールに従った丁寧な作業が行われているのを確かめられる機会は滅多にありません。

技術面のほかにも、構造現場見学会で確認できることがあります。 工事現場で働く職人の様子や、会社側の近隣への配慮です。 作業員のあいさつができているか、現場監督がこまめに回ってチェックをしているかという点などから、現場を大切にする業者かどうかも判断できます。

また、ほこりや騒音などの対策ができているか、工事車両の出入りや機材の搬入は安全になされているか、整理整頓への指導が伺われるかといった点は作業中の現場に行かなければわかりません。 工事に対して独自の体制ができている住宅会社であれば、技術力の確かな職人が仕事をしており、施工不良などのトラブルが少ないと予測できます。

構造現場見学会は平均60~90分程度で、専任の住宅会社スタッフがついて説明して回ります。気になる部分や疑問点は遠慮せずに何度でも質問し、施工についての不安を取り除き、理解を深めておきましょう。

完成現場見学会でチェックしたいポイント

完成現場見学会は完成された住宅の中を見ることで、自分たちが建てたい家に対しての、より具体的なイメージを広げる機会を得られます。

完成現場見学会を利用する際のポイントは、「自分たちが実際に暮らすことを想定して見て回る」です。そこで暮らすのを前提にすれば、自然に不便な点や取り入れたいアイデアなどが見つかります。 実際には次のような点に留意して、見学をしていきましょう。

・間取り
・レイアウトと生活動線
・キッチンや水回り、トイレなどの設備機器
・扉やサッシなどの建材
・窓の大きさ
・採光
・段差
・廊下の幅
・階段の高さ

キッチンからリビング、キッチンから洗濯場、各部屋からトイレ、といった家族のメンバーの日常的な動作を再現して動線を確認すると、住みやすいレイアウトかどうかが良くわかります。

見学会を通して体感した経験が自身の家づくりを行うとき、具体性のある意見として設計に取り入れられます。小さな子どもがいたり、高齢者がいたりする家庭では段差や階段の高さも、大切なポイントして参考になるでしょう。家族の人数によっては、廊下でのすれ違いの際の余裕についても確認する必要があります。 完成現場見学会の成果を実際の設計に活かすためにも、メジャーを忘れずに持参してください。新居への家具設置を想定する際にも、大いに役立ちます。

 
川崎の注文住宅会社&工務店おすすめ口コミ評判ランキング