どう探す?どう選ぶ?どう建てる?川崎で建てる注文住宅ガイド

川崎の注文住宅会社&工務店おすすめランキング » 注文住宅を依頼する前に » 理想的な住まいづくりに欠かせないカタログ活用法とは

理想的な住まいづくりに欠かせないカタログ活用法とは

現代は気軽にインターネット検索ができる時代ですが、大型家電やAV機器など大切な買い物をする際には、やはりカタログを利用するという人は少なくありません。自動車購入の際にも、ディーラーを回って紙のカタログを集め、自宅でじっくりと検討するというのが一般的ではないでしょうか。
古い手法のようでありながら、カタログには液晶画面にはない実力があります。
生涯でもっとも高額な買い物である家づくりを満足度の高いものとするためには、可能な限り情報収集を行うと同時に、それに対する深い理解がカギとなります。
ここでは納得のいく住まいづくりのために、カタログを最大限に活用する方法について解説していきます。

カタログを利用するメリット

カタログは、“商品や展示物などの品目を整理して書き並べたもの”、“目録や説明書、案内書”と定義されています。パンフレットでは広告的要素の割合が大きいのに対して、カタログはより説明的で実用書のような役割を果たします。商品を「案内」するのではなく、「選択の手助けをする」と考えると良いかもしれません。
それではパソコンやスマホなどで閲覧するのと比較して、紙媒体であるカタログを利用するメリットとは何なのでしょうか。
最初にいえるのが、カタログは複数の比較に向いているということです。パソコンの画面などでは複数社のサイトを見ることはできますが、比べて見たいときには通常、いちいち切り替えをしなければなりません。
比較したい項目が記載されたページを開いて並べられる、カタログの方がずっと簡単です。
またページを開いたときに、カタログでは一度で俯瞰的にながめられるため、片隅に書かれたた詳細でも目に留まりやすくなります。ほんのちょっとした小さな記事が、その人にとっては業者選びや設備選びを決める重要なポイントとなる可能性もあります。
Webカタログではブックマークはできますが、そのページを開いても見たい要素がどこにあったのか探せないということがしばしば起こります。
カタログであれば、付箋を貼ったりマーキングをしたりして、気になるところをピックアップしておけます。家族みんなでカタログを回し読みしながら、意見を出し合うのも容易です。
家づくりに欠かすことのできない見学では、事前にカタログで候補を選び、質問したいポイントやチェックしたい項目をカタログにメモしてそのまま持参できます。
他社で気に入った点があればそのカタログを持っていき、見学する会社の担当者に同様の施策がされているのか確認するという方法もあります。
カタログは住宅会社が編集を重ね、もっとも効率よく要点が理解できるように作成されています。Web画面のように自分であちこちと探し回らなくても、ページをめくっていくだけで、体系的に情報をつかんでいくことができるでしょう。

シーン別で選びたいカタログの種類とその内容

ひと口に住宅カタログといっても、複数の種類があります。注文住宅を建てる際に見ておきたいカタログの種類と内容について紹介していきましょう。

  • 総合カタログ
    総合カタログは、主力商品紹介とともに企業紹介のカタログでもあります。経営理念や目ざす家づくりを前面に押し出し、代表的な施工事例や工法について言及しています。得意とする技術や信頼性、安心、安全への取り組みといったメーカーの特徴や独自性を理解するための手掛かりとなります。
    企業のイメージ、方向性をつかみ、施工業者を選択する際の大きな参考にできるので、家づくりを考え始めたら最初に読んでおきたいカタログです。
  • 住宅商品カタログ
    住宅商品カタログは、その企業が扱う個別の住宅商品や、テーマ別のシリーズなどが掲載されているカタログです。個性的な注文住宅に対しての思いはあるものの、まだ自分のつくりたい家のイメージが湧かなかったり、テーマが定まらなかったりというときには住宅商品カタログの中にヒントがあります。その企業が手がける商品から、自分が家に求めるものを探し出し、具体性のある形に想像していきます。住宅のコンセプト、間取り、レイアウトや、外観などから、自分の好むテイストを見つけ出しましょう。
  • 技術カタログ
    家のイメージを実現していくために、どのような技術が利用可能なのかを確認できるのが技術カタログです。住宅メーカーではそれぞれが、異なる工法や構造を採用しています。
    耐震性や耐火性、耐久性、さらに防音、断熱、防湿、気密性など、家の安全面、機能面に対する技術が確認できます。省エネ、エコ住宅設備など、気になる最新技術もチェックしておきましょう。
  • 実例カタログ
    実例カタログは家づくりが現実のものとなり、プラン設計を開始する際にはとても役立ちます。その会社が施工した住宅の写真が多数掲載されており、間取りやレイアウトの参考になります。利用者の声や生活紹介から、採光や敷地の取り方、広間の活用、ウッドデッキなど自分たちの暮らしに合わせた住宅へのヒントが得られます。
    実例カタログから気に入った写真をピックアップし、スクラップブック状にしておけば、施工業者へ希望を伝えやすくなります。

カタログはちょっとした空き時間に手軽に手に取れる便利さがあり、まだ検討段階であってもながめながら夢を膨らませられる楽しさがあります。いよいよ本気の段階に入ってきたならばカタログ整理は企業別ではなく、部位別・種類別にしておくと比較検討が効率良くできます。

 
川崎の注文住宅会社&工務店おすすめ口コミ評判ランキング