どう探す?どう選ぶ?どう建てる?川崎で建てる注文住宅ガイド

川崎の注文住宅会社&工務店おすすめランキング » 注文住宅を依頼する前に » 必要な書類と用途を知る

必要な書類と用途を知る

川崎市で注文住宅を建てる上で必要な書類の情報をご紹介。

注文住宅を建てる時に用意すべき書類とは

川崎の注文住宅の購入について、必要な書類は、まずその注文住宅の見取り図です。これがないと実際に住宅自体が分かりません。そのため、川崎に限ったことではありませんが、注文住宅の見取り図をあらかじめ示してもらった上で、その設計図、平面図通りにできているかどうかを確認していくことが重要になります。

川崎のように大きな都市では様々な業者がいます。大手の業者の場合は問題があまりありませんが、地元密着の業者は玉石混交の場合があります。昔からその地域での実績があり、評判が高い場合には大手業者よりもいいところもありますが、逆に評判が良くない業者や欠陥住宅の噂がたっているところは避けたほうが無難です。

このようにまずはどの業者から購入をするかを決定したら、業者側から見積書を取り寄せて、さらに契約書の締結となります。もし購入資金を銀行などの金融機関から借り入れる場合には、その借り入れに関する契約書も必要になります。

登記に必要な書類

それ以外では購入が終わったあとで、住宅ローンを組んでいれば抵当権の設定をしますので、法務局での登記は必要不可欠になります。司法書士などを通じて業者側が一般的に代理申請を依頼することが多くあります。申請から約3週間程度で法務局での登記は完了します。

この際に、不動産取得税や固定資産税の関係で必要になるその登記に関する証明書全部事項証明書を発行してもらうように依頼することも重要です。これら税金の減額ができる場合には、減額申請をするためにそのコピーなどを添付する必要がありますので、保管する必要があります。

 
川崎の注文住宅会社&工務店おすすめ口コミ評判ランキング