どう探す?どう選ぶ?どう建てる?川崎で建てる注文住宅ガイド

川崎の注文住宅会社&工務店おすすめランキング » 注文住宅を依頼する前に » 予算内で収める

予算内で収める

このページでは川崎市で注文住宅をこだわりすぎて予算をオーバーしないために建てる時のポイントや経費について紹介します。

川崎で予算オーバーせずに注文住宅業者建てる時のポイント

注文住宅の業者を選ぶ時に気をつけておくべきポイントは2つあります。

希望通りの部屋割りや細かな注文に対応してくれる、対応力のある業者を選ぶという点と、予算内でしっかり施工を完了させてくれる業者を選ぶという点です。

注文住宅の魅力は建売住宅と違い、住宅購入者の希望にあった家が作れるという点です。

例えばキッチンが一階と二階の両方にほしいという欲があっても、建売住宅の場合そのような物件を見つけるのが難しいため、注文住宅という形で希望通りのキッチンを作ってもらったほうがいいのです。

施工をお願いする依頼主からの要望にきちんと応えてくれる、無理なものは無理だとしっかり依頼主に伝えつつもできる限り顧客の希望にそった住宅を建てるよう努力してくれるハウスメーカーや工務店などの業者を探すというのが、非常に大切なポイントであるということを覚えておいてください。

諸経費をしっかり管理して予算内に収める

川崎で注文住宅を建てる場合、土地代を含めて4000万円以上の予算がかかることが一般的です。予算をオーバーしないために気をつけることは、その他諸経費についてしっかり把握しておくということです。その他諸経費とは、建物本体価格に入らない、カーテン工事照明器具工事庭やカーポートなどの外構工事、道路に排水などをつなぐための屋外設備工事、地盤の状況によっては地盤補強工事などがあります。

それ以外にも、火災保険、つなぎ融資のための金利、土地、建物の登記費用引っ越し費用などが挙げられます。設計事務所に依頼する場合は、別途設計料も項目として出てきます。これらの費用をあらかじめ計算しておけば、急に追加でお金が必要になって、結果予算を超えてしまう、ということもないでしょう。

川崎で注文住宅を新築するなら知っておきたいコストを抑える設計ポイント

ここからは、川崎で注文住宅を新築する際に使って欲しいコストを抑えるテクニックをご紹介します。

シンプルな箱型の建物が一番ローコスト!

手っ取り早くコストを抑えるならシンプルな箱型の建物にするのが一番です。建物の形にこだわりたい方もいらっしゃるでしょうが、凹凸のあるおしゃれな建物はその分デザイン料もかかりますし、面積が増えることで材料や手間賃など様々なコストが大幅にかかります。

構造が単純な総2階建ての建物は基礎や屋根の材料が必要最低限で済みます。そのため料金も安くなり、室内の面積も多く取ることができ、結果的に住みやすさも確保できます。

フェンスや門はつけず、コストカット&オープンな雰囲気に

外回りでさらにコストを抑えるには、フェンスや門を作らないという方法もおすすめです。防犯面などが気になる場合は窓を強化ガラスにしたり、ドアの鍵を厳重で特別なものにするなどの工夫を。

門はこだわってしまうと余計にコストがかかってしまうのでこの際省きましょう。

その方が買い物、育児、車の出し入れなどもスムーズに行うことができます。周囲にオープンで親しみやすい印象を持たせることも可能に!

室内の仕切りは最低限にして広々&コストダウン

室内に仕切りが多いとその分材料費がかさみ、コストアップの原因に。室内はできるだけ仕切らず、オープンな雰囲気を楽しみましょう。特に階段は仕切ってしまいがちですが、仕切らずにリビングなどに設置すると家族とのコミュニケーションも増えますよ。

子供部屋も最初は仕切らず、子供が大きくなってからパーテーションなどで仕切れる工夫を。

トイレの数を一つにし、水回りは固める

2階建ての家を建てると、トイレを2つ作りたくなる気持ちは分かります。しかしその分当然ですがコストは大幅にアップ。1階か2階のどちらかにつけるようにしましょう。

一般的に、寝室のある階にトイレをつけるとその後生活もしやすくなると言われています。さらにキッチン、風呂などの水回りはできるだけ近い位置に設置するようにしましょう。

水管工事が短く済み、材料も最低限に抑えることができるのでコストダウンできます。給湯器から近い位置にまとめるとガス代なども抑えることができるため、住んでいく上での節約にも効果的です。

収納場所もまとめて大きく取ろう

各部屋に収納があるのは便利に思えますが、その分施工の手間や材料費もかかりますし、それぞれの部屋の面積が小さくなってしまうというデメリットがあります。

できれば収納場所はまとめて、大きなウォークインクローゼットを作りましょう。 ウォークインクローゼットならドア一枚で済み材料費を抑えることができます。

中もハンガーラックのみ、上下二段に分けるのみなどシンプルなデザインにすることで今後の生活に合わせて自分の使いやすいようアレンジがしやすくなります。玄関の靴箱、キッチンの収納なども同じように、できるだけひとまとめに大きく取るようにしてみてください。

ドアや窓は既製サイズのものを取り入れよう

さらにドアや窓なども部屋の印象を決める重要なポイントとなりますが、オーダーメイドにしてしまうと既製品の何倍もコストがかかります。既製品を取り入れて使いやすくコストを抑えましょう。

おしゃれなドアにしたい場合はシンプルなデザインの既製品を使ってペイントなど、自分でできる工夫をしてみるのかいかがでしょうか?

また、窓の数を少なくすることもコストダウンになります。西日が入る位置に窓があると冷房費がかさみますし、日当たりの悪い方角に窓を設けてもあまり意味がありません。

日光を上手に取り入れられる位置に最低限の窓を設置するように工夫してみましょう。

 
川崎の注文住宅会社&工務店おすすめ口コミ評判ランキング