どう探す?どう選ぶ?どう建てる?川崎で建てる注文住宅ガイド

川崎の注文住宅会社&工務店おすすめランキング » 理想の注文住宅を建てるための基礎知識 » 川崎で注文住宅を作る!住宅の構造、工法を解説

川崎で注文住宅を作る!住宅の構造、工法を解説

住宅構造の種類とは

みなさんは住宅の構造がいくつあるかご存知でしょうか?

住宅構造には大きく分けて「木造」「鉄構造」「鉄筋コンクリート」の3種類があります。

それぞれ異なる特徴を持っている3つの構造について詳しく見ていきましょう。

木造住宅の特徴

木造住宅は日本で最も主流とされている構造で、日本の家の約8割が木造だとされています。木材の持つ調湿性や断熱性は日本の気候との相性がいいため、日本向きの構造となっている点が木造住宅の特徴です。

木造住宅には「従来軸組」と「ツーバイフォー」という2つの工法があります。

「従来軸組」は日本でも伝統的な工法で設計時の自由度が高く、増改築時の対応もしやすくなっているほか、今回紹介する工法の中でも低コストでの施工が可能となります。日本の住宅の多くはこの従来軸組によって建てられています。

「ツーバイフォー」は北米で生まれた工法で、2インチ×4インチの木材が多く用いられていることからこのように呼ばれています。この工法は

劣りますが、作り方がマニュアル化されているので品質の差が出にくくなっています。コストに関しては従来軸組同様低コストに抑えることができます。

鉄構造住宅の特徴

鉄構造住宅は、家の柱などの構造材に鉄骨が用いられている家のことです。使用する鉄骨の種類に応じて「軽量鉄骨造」「重量鉄骨造」という工法に分かれます。

「軽量鉄骨造」は厚さが6ミリ未満の鋼材を使用した工法です。鋼材は基本的に工場で生産されるため素材の品質に違いがなく、また施工に関してもマニュアルに沿って行えるので、短期間でありながら質の高い住宅を建てることができます。

一方の「重量鉄骨造」は厚さが6ミリ以上の鋼材を使用した工法です。重量鉄骨の特徴として強度が高いという点が挙げられ、柱の数が少なくても高い強度を確保することができます。そのため、空間の広い建物(1階を駐車場や店舗にした建物)を建てる際に有効となります。

鉄構造住宅の場合コストは木造住宅よりも高く、また軽量鉄骨造よりも重量鉄骨造の方が若干高くなります。

鉄筋コンクリート住宅の特徴

最後に紹介するのは「鉄筋コンクリート住宅」です。鉄筋コンクリート住宅はコンクリートの中に鉄筋を組み込んだ構造材を用いて建てられた建物のことで、中層から高層の建物に用いられます。

高い耐久性、耐火性に関しては木造や鉄骨よりも優れていて、高い防音性有している工法です。

ただし、そのぶんコストは他の工法と比べても高く、工期も長くなります。さらに、構造材自体が重たいため地盤が弱いと鉄筋コンクリートに耐えられるように工事をする必要もあります。

工法によるコストの違い

ここまで紹介してきた工法のコストを比較すると以下のようになります。

在来軸組 > ツーバイフォー > 軽量鉄骨 > 重量鉄骨 > 鉄筋コンクリート

コストと工法の特徴、さらには自分がどのような場所にどのような住宅をつくりたいのかを踏まえたうえで適切なものを選ぶようにしてください。

 
川崎の注文住宅会社&工務店おすすめ口コミ評判ランキング