どう探す?どう選ぶ?どう建てる?川崎で建てる注文住宅ガイド

川崎の注文住宅会社&工務店おすすめランキング » 理想の注文住宅を建てるための基礎知識 » 建築素材

建築素材

注文住宅は施主の希望を反映できるものですが、“見た目だけ”にとらわれて柱、フローリング、外装建材などを選んでしまうと、あとあと後悔してしまうこともありえます。

まずはこれらの建材を選ぶ際のポイントについて、知っておくべきだと思います。

見た目もさることながら、強度・耐久性・価格なども考慮

まずは、柱やフローリングに使用される木材についてです。ひと口に木材といっても、その種類は様々。主に以下のようなものがあります。

  • 檜(ひのき):耐水性に優れ適度な硬さがあり、狂いが少ない。独特な香りを持つ。
  • 杉:比較的やわらかく、加工しやすい。独特な香りを持つ。
  • 松:曲げの強度が高い。
  • ヒバ:きめ細かく光沢がある。湿気や白アリに強い。
  • 栂(つが):比較的やわらかく加工しやすい。仕上がりがきれい。
  • 米栂(べいつが):輸入材。加工しやすい。仕上がりがきれい。
  • 集成材:木の良い部分を集めて接着した合板材。反りが少なく、強度が高い。

これら素材そのものの特性に加えて、柱やフローリング材の良し悪しに大きく影響するのは強度や耐久性です。

表面にキズ防止のコーティング加工がされているものや、圧縮処理がされているものなどは見た目が均一で美しいだけでなく耐久性にも優れています。

その分、費用は高くなりがちです。例えばフローリング材が1m2当たり4,000円前後ならリーズナブルと言えますが、強度の高いものは8,000~12,000円まであります。

こうしたポイントを踏まえた上で、ベストな選択をすることが大切です。

屋根や外壁は劣化のしにくさ、汚れのつきにくさも重要

住宅の外装部は建物を守る耐久性はもちろんですが、メンテナンスが少なくても外装の劣化が少なくて済むものや、汚れがつきにくいもの、雨で汚れが落ちやすいといった特徴をもっているものなども選べるようになっています。

そうした特性を左右するのは外壁材の種類と外壁塗料になります。

外壁材

■モルタル系

セメントなどと一緒に練り上げたモルタル材を塗っていき、乾燥させ、塗料を塗るタイプの外壁です。表面の仕上がり具合など、いくつか種類があります。

■サイディングボード

タイル状の板を貼っていくタイプの外壁です。板のつなぎ目である「目地」にゴム状のシーリング材が埋め込まれています。

■板張り

「下見板」「羽目板」とも言い、その名の通り、木材を使用した外壁になります。純和風建築などに用いられます。

外壁塗料

■アクリル系塗料

コスト面では割安な反面、紫外線には弱く耐用年数も5年から8年程度。

■ウレタン系塗料

アクリル系に比べ紫外線に強く、水弾き性も優れていますが、汚れやすい短所も。価格はやや高価で耐用年数は6年から10年程度。

■シリコン系塗料

より紫外線に強く親水性もあるため、汚れを防ぐ効果が望めます。価格はウレタンより高価となりますが、耐用年数も8年~15年程度。

■フッ素系塗料

外壁用塗料としては最も耐用年数が長く、12年~20年を誇りますが、その反面価格も高くなります。

■光触媒

光に当たると電子などが発生してカビや油分汚れなどを分解し、さらに親水性で、分解された汚れを雨で洗い流すという特徴があります。汚れに強い塗料として注目を集めています。

さらにつけ加えると、最近では耐震についての関心が高まりから、建材の強度と並び、軽さも一つの性能と見なされています。これらの性能を満たしているほど、高級な建材と言えるでしょう。例えば、一般的な戸建住宅の場合、普及価格帯の外装建材が100万円前後で揃うのに対し、高級価格帯では300万~400万円となることもあります。

 
川崎の注文住宅会社&工務店おすすめ口コミ評判ランキング