注文住宅の断熱材について

断熱材の役割とは?

断熱材は、建物の外側と内側(室内)の熱移動を防ぐために作られた素材です。夏の暑さや冬の寒さを遮って、室内の温度を一定に保つ役割を果たしてくれます。

断熱材の性能がしっかりしていないと、冷房や暖房の効率が下がってしまうほか、建物の内外の温度差の影響をダイレクトに受けることによって結露が発生し、建物自体が傷んでしまう要因になり得ます。

近年では断熱材の高性能化も進み、断熱性・気密性ともに高い素材が多数展開されています。

断熱工法の種類

充填断熱

充填断熱工法は、家の躯体の中に断熱材を充填する方法です。柱と柱の間や、壁・天井と居住空間との間にボード状や繊維状のの断熱材を入れたり、液状の断熱材を吹き込んだりなどして、隙間なく充填していきます。この断熱工法は、木造建築の多くに採用されている方法です。

壁や柱と居住空間の隙間を断熱材で埋めていく方法であることから、新たにスペースを設ける必要がないメリットがあります。しかし、柱自体は断熱材で覆われないため、柱が外気の影響を受けやすいというのがデメリットです。

外張り断熱

外張り断熱工法は、壁や屋根、柱の外側に断熱材を張り付ける工法です。この工法には、主にプラスチック系の断熱材が用いられます。

外側を断熱材で包み込む形になるため、結露が抑えられるほか、充填断熱工法に比べると断熱効果が高くなるのがメリットです。

一方で、すべてを覆うほどの素材が必要となることから、ほかの工法に比べるとコストが高くなりがちなことや、固定がしっかりしていないと地震や経年劣化によって外壁がずれる可能性があるのがデメリットと言えます。

付加断熱

付加断熱工法は、充填断熱工法と外張り断熱工法を組み合わせて用いる方法です。「W断熱」と表現されることもあります。

両方の性質をとっているため、断熱性能をより高められるのがメリットです。ただし、業者によってはスキルが不十分な場合もあることから、長い目で見るとさまざまな問題が生じやすいのがデメリットだといえます。

断熱材の種類

鉱物系

グラスウールやロックウールなどが鉱物系の断熱材です。

防火性が高く、かつ安価で手に入ることがメリットですが、防湿性に乏しいのが難点だといえます。

石油系

ウレタンフォームやフェノールフォーム、ポリスチレンフォームなどが石油系の断熱材です。

断熱性はほかの素材より優れており、加えて防湿性や防火性も過不足なくそろえています。ただ、素材を作ること自体に高いコストが発生しているため、どうしても価格が高くなってしまいがちなのがデメリットです。

自然系

ウールやセルロースファイバーなどが自然系の断熱材です。近年の環境保護意識の高まりから、エコフレンドリーな素材として注目を集めています。

吸湿性・放湿性に優れている一方で、素材によっては燃えやすいことや、価格が高くなりがちなことに注意が必要です。

断熱材選びのポイント

断熱材選びの際には、以下のポイントと土地の気候(湿度など)に合った素材を選ぶのが大切です。

  • 防火性・耐火性に優れているか
  • 万が一燃えてしまった場合、有毒ガスが発生しないか
  • 吸湿性に優れるか
  • 熱によって変形しない
  • 気密性に優れるか

このうち、「気密性に優れるか」の項目については、素材自体の性能はもちろんのこと、施工する業者が隙間なく断熱材を張り付けられているかに左右される部分も大きいです。そのため、断熱材がしっかり取り付けられる業者を選ぶようにしましょう。

断熱材の注意点

初期費用を抑えるために安い断熱材を選んでしまうと、長い目で見ると損をしてしまう可能性がある点には注意しましょう。

また、断熱材を張り付ける業者のスキルの程度を知っておくことも大切です。例えば付加断熱工法を行っている業者の中には、外張り・充填どちらかのノウハウが十分でないところもあるため、その場合には、断熱性能を最大限発揮できない場合もあります。付加断熱工法を行う業者は近年増加しているため、よくない業者に出会ってしまうことがゼロだとは言えません。

土地にあった断熱材を選ぼう

川崎市の気候は、夏は蒸し暑く曇りの日が多い、逆に冬は寒いが晴れの日が多いことが特徴。雨に関しては、3~10月までの間、6月をピークにして降水確率があがり、降水量は9月周辺が多くなる傾向にあり最も蒸し暑くなるのは7~8月です。

川崎市の気候の特徴を知っておくことは、「夏涼しく、冬温かい」という理想の住宅を目指すうえでも大切なポイントとなっています。予算や居住スペースの確保など、自分の中で譲れないポイントと照らし合わし、ときには業者の方と相談しながら、自分の家庭にぴったりの断熱材を選ぶようにしましょう。