どう探す?どう選ぶ?どう建てる?川崎で建てる注文住宅ガイド

川崎の注文住宅会社&工務店おすすめランキング » 理想の注文住宅を建てるための基礎知識 » 間取り

間取り

注文住宅は、ご自身とご家族の要望に応じて造られるもの。自分のこだわりを押し通してしまうと、住みだしてから失敗に気がつくという事も、おこりかねません。

「ここは、こうしておけば良かった」ということを未然に防ぐためにも、間取りを決める上で重要なポイントをご紹介していきます。

見逃すと損する?!
川崎の注文住宅会社のランキング

専門家とたっぷりディスカッションしよう

設計士さんは、依頼者の頭の中を覗くことはできません。そのため、理想の住まいを提案してもらうには、あなたとご家族の要望を伝えることからはじめてください。漠然としたイメージでも構わないのです。

例えば、「家族のコミュニケーションを大切にしたい」「趣味のための部屋を作りたい」「キッチンの使い勝手をよくしたい」などの要望を聞いてもらいましょう。

優れた業者さんであれば、こうした会話を重ねるうちに、要望を汲み取り漠然としていたイメージを現実的な提案へとまとめてくれるはずです。逆に、この過程をおざなりにしてしまうと、後で後悔する可能性が高くなってしまいます。

水廻り、採光性、防音性は特に慎重に

キッチン、バスルーム、トイレなどの水廻りの配置を安易に決めてしまうのは厳禁です。これらは一度設置してしまうと、簡単には移動できません。慎重に配慮してください。

また水廻りには音の問題がつきものですので、その点も考慮すべきです。寝室で水の音が気になる・・・といった事態は後悔しきれません。

採光性も土地の方角や近隣からの視線などをしっかり考慮した上できめるべきです。土地の方位も設計段階で考慮に入れるべきです。壁の防音性についても然り。道路に面しているか、交通量はどの程度かなどを判断して決めるべきです。

失敗が起こりやすいのは収納スペース

まずは容積について。クローゼットや押入れ、収納場所は図面上の床面積で判断しがちですが、実際には出し入れする壁面積も含め立体容積で判断しなければなりません。

収納の配置や動線も重要です。2階に大型収納を造ってしまったため、荷物を出し入れして使う際に、階段の昇り降りが大変になってしまった。ウォークインクローゼットの奥に書斎を造ってしまい、通路部分を空けておかなければならないなどの失敗例もあるそうです。

部屋ごとに広さのバランスを考慮しよう

例えば、リビングの広さにこだわるあまり、寝室が狭くなり圧迫感を感じてしまった。子供部屋を細長くしてしまい、ベッドと机の配置ができず布団にせざるを得なかった。逆にトイレを広くしすぎてしまい、却って落ち着かない。和室を広くつくったがほとんど使わないので、リビングを広くした方がよかったなど。

広さのバランスに関しても失敗例が多く報告されています。

不便さに直結してしまう生活動線のミス

例えば、洗面所とバスルームを2階にしたため、1階ではキッチンで手洗いしなければならない。日あたりを求めリビングを2階にしたが、夏場は暑すぎた。トイレやバスルームを玄関近くに配置してしまい、訪問者や来客者と鉢合わせしてしまう。リビング階段は、子供の友達が来たときにリビングが丸見えになってしまうなど。

生活動線のミスは毎日の暮らしに不便さを生じてしまいます。

以上に挙げた他にも失敗例は多々あります。こうした失敗を防ぐためには間取り案ができた時点で、頭の中でイメージトレーニングしてみるのが有効です。

朝起きて洗面所へ向かう、朝食を作りにキッチンへ向かう、ダイニングで食事を摂る・・・。こうしたシミュレーションは、不具合を発見するのに役立つことがあります。

また経験豊富な建築会社であれば、間取りについてのノウハウも豊富に蓄積されているはずですので、しっかり相談しながら理想の住宅を造り上げていってください。

理想の間取りを提案してもらえる
建築会社の施工事例をチェック!

 
川崎の注文住宅会社&工務店おすすめ口コミ評判ランキング