どう探す?どう選ぶ?どう建てる?川崎で建てる注文住宅ガイド

川崎の注文住宅会社&工務店おすすめランキング » はじめての2世帯住宅ガイド【川崎編】 » 2世帯住宅に住む家族の声

2世帯住宅に住む家族の声

川崎・多摩周辺で、実際に2世帯住宅にお住まいのご家族の話です。

2世帯住宅を建てることにした経緯や過程、実際に住んでみての感想など、これから2世帯住宅の建設を検討されている方には大変参考になるのではないかと思います。

Yさんご一家 ご両親と息子さんご夫婦

Yさんの息子さんご夫婦は以前、ご両親とは別に、賃貸の集合住宅にお住まいだったそうです。その時点ではご両親と同居する考えはまだなく、賃貸の契約更新が近づいたのを機に、自宅購入を検討しはじめたところ、ご両親が寂しそうな顔をしているのに気づいたそうです。

聞けばご両親は、息子さん夫婦と一緒に住みたいと願っていながら、それを言い出せずにいたそうです。そんな出来事をきっかけに話し合いを重ね、2世帯住宅への建て替えを決断。当初は大手ハウスメーカー2社に打診したそうですが希望には合致せず、リサーチの結果、地域で評判のよい工務店に依頼したそうです。

Yさんご一家では話し合いの結果、玄関は共通にし、キッチンやお風呂トイレなどは個別に設けたそうです。当初は玄関分離も考えたそうですが、むしろ奥様とお母様がひとつの玄関を望んだそうです。

実際に暮らし始めてからも、玄関をひとつにしたことで、よりお互いを助け合えるのでよかったとのこと。例えばお母様は和食が得意で、奥様は洋食が得意ということで、交換しあって楽しんでいるとのこと。理想的な親子関係を築けているようで、羨ましい限りです。

Kさんご一家 ご両親、息子さんご夫婦、お孫さん2人

Kさんは当初より、ご実家の土地に2世帯住宅を建て、ご両親と一緒に住むことを望んでいたそうです。お子さんが小学校に上がったのを機に、その計画を実行に移そうとしたところ、ご実家の土地はお父様と叔父様の共同名義となっていたそうです。

そこでKさんご自身が、ご実家の土地を購入することにしたそうですが、その交渉やローンの審査などには1年以上時間を費やすことになってしまったそうです。それと並行してハウスメーカー探しも行なっていたそうですが、特殊な事情にいくつかのメーカーでは「難しいのでは・・・」と否定的な反応をされ、Kさんご自身も不安が募ってしまったそうです。

そんな中、とある工務店の担当者がそうした事情に精通しており、土地取得の段階からサポートを行なってくれたそうです。地域密着型工務店には、こういった強みを持っている所も、実は多いのです。

晴れて2世帯住宅建設に着手したKさん。話し合いにより、当初より完全分離型とすることにしており、1階部分はご両親、2階と3階をご夫婦とお子さん2人とし、内装や間取りは全く干渉しないでそれぞれお決めになったそうです。

そんなKさんのご自慢は第二のリビングとしてバルコニーを設けたこと。ご両親を招いてバーベキューなどを楽しんでいるそうです。逆に、1階にはお父様こだわりのホームバーカウンターをしつらえお酒を楽しんでいるそうです。両世帯が行き来できる場所をしつらえているのは、よいアイディアですね。

Yさんご一家 ご両親、娘さんご夫婦、お孫さん3人

こちらのご一家が2世帯住宅建設を決心した理由は、東日本大震災だったそうです。

家族の絆という面はもちろん、震災により築30年以上のご実家も少なからずダメージを受けたことも大きな理由だったそうです。奥様のご両親と住むことに、ご主人も快く同意され、ご一家の意思はすぐ固まったそうです。

しかし、工務店選びは難航したそうです。ある業者とは打ち合わせで伝えた希望が全く反映されていない間取りを提示され、問いただしても平然と開き直りという態度だったそうです。そんなバカなとお思いの方もいらっしゃるでしょうが、実は決して珍しい話ではありません。むしろ大手ほど、こうした自社都合優先という対応をして来るところが多いのです。

そんな紆余曲折を経て、親身な対応をしてくれる業者さんに巡り会え、建設に着手。決して広くはない敷地にも関わらず、随所に工夫を凝らし、車庫や対面式キッチン、吹き抜けや豊富な収納といった希望を実現され大変満足されているそうです。

「先日は10人近くお客さんを呼んでホームパーティーをしたのですが、以前の家では絶対不可能でした」と嬉しそうに語っていたのがとても印象的でした。

 
川崎の注文住宅会社&工務店おすすめ口コミ評判ランキング