どう探す?どう選ぶ?どう建てる?川崎で建てる注文住宅ガイド

川崎の注文住宅会社&工務店おすすめランキング » はじめての2世帯住宅ガイド【川崎編】 » 2世帯住宅の特徴

2世帯住宅の特徴

2世帯住宅とは、言葉だけで言えば、親御さん夫婦とその子供夫婦、そして多くの場合ではお孫さんも含めた3世代が同居する住宅ということになります。

しかし、実際はそう単純なことではありません。2世帯住宅では必ず一人、直接の血縁者でないお嫁さん(あるいはお婿さん)が一緒に住むことになるからです。

その一方で、特に川崎や多摩を含む核家族化が進む都心部では、2世帯住宅ならではのメリットもあります。

例えば子供世代にとっては育児の負担や経済的負担の軽減、親世代にとっては、万一の際の安心感などです。それこそ、メディアなどで報道される育児ノイローゼや独居老人といったリスクが大きく軽減されます。

2世帯住宅の建築において大切な2つのこと

では、2世帯住宅で失敗しないためには何をすべきでしょうか?

1つめは、ずばり、親世代と子世代で徹底的に話し合うことです。

そもそも、相手に対する不安や不信感というものは、相手への理解が不足することから起こります。普段は本音で語り合うことは気恥かしさが先に立ってしまったり、遠慮してしまったりということが多いでしょうが、2世帯住宅を建てるなら、それをいいきっかけと捉え、勇気をだして本音で語り合ってみましょう。

お互いの生活スタイルや使い勝手、納得できる間取りやデザインの好みなどを徹底的に話し合わなければ、理想の家にはなりません。後々「ああすればよかった」ということになってしまいます。

もうひとつは、2世帯の距離感です。親世帯と子世帯といっても、尊重すべきプライバシーはあり、お互いの生活スタイルへの干渉は避けるべきです。

そこでオススメしたいのは、1階を親世帯、2階を子世帯とし、玄関も別々に設ける完全分離スタイルです。管理人の私自身も当初は、ひとつの玄関にするスタイルを考えていましたが、結果的には完全分離にしました。

これは、私がお世話になったタマックさんのスタッフの方からお聞きしたのですが、玄関を同じにしたいという要望は、親世帯も子世帯もお互い「薄情と思われたくない」という建前で、本音は両世帯とも別玄関したいというケースがほとんどのこと。そして、別玄関の方がその後の生活も、かえって円滑というパターンが実は多いそうです。

こうしたことも、本音で話し合うことで、はじめて見えてくるそうです。もちろん、お互いが本音で納得していれば、ひとつの玄関スタイルで全く問題ありません。大切なのは、本音で話し合うことです。

経済的分担や、互いの生活への立ち入りも慎重に

例えば、建築費用はどちらがどの位の割合で負担するのか、水道光熱費や食費などは個別に支払うのかまとめて支払うのか、まとめる場合は割合をどうするのかといったといった事柄です。これは親世帯が現役かリタイヤしていて年金暮らしなのかなど、さまざまな要素に左右されます。しっかりと事前に話しあっておきましょう。

もうひとつは、お互いの生活にどこまで立ち入るのかという点です。もちろんお互いの生活をサポートし合うのは尊いことですが、それが甘えや依存になってしまうケースもあります。例えば、望んでいないのに親に孫の育児を押し付ける、逆に家事をお嫁さんに強要するなどがあっては、日々の生活もギクシャクします。このような点も、必ず事前に話し合っておきましょう。

 
川崎の注文住宅会社&工務店おすすめ口コミ評判ランキング