どう探す?どう選ぶ?どう建てる?川崎で建てる注文住宅ガイド

川崎の注文住宅会社&工務店おすすめランキング » はじめての2世帯住宅ガイド【川崎編】 » 施工事例

施工事例

ひと口に2世帯住宅にといっても、その個性は実に様々です。そこはやはり、施主の意向をプロフェッショナルがカタチにする注文住宅ならではです。

すでに具体的なイメージや理想が固まっているという方も、まだ漠然とした考えしかないという方も、実際の施工事例は色々と参考になることと思います。外観デザインや間取り、インテリアデザインなどのヒントとして、ぜひご覧になってみてください。

川崎市麻生区 Iさん宅

川崎市のIさん邸(タマック)

木造2×4で、シャープな屋根のラインが目を惹きます。落ち着いたオフホワイト系を基調にしながら、玄関ドアとその側面の壁はダークブランのカラーでアクセントをつけ、上品さを醸し出しながら個性も主張しています。限られた敷地を上手く使い、2台分のカーポートを確保しているのも魅力的です。

インテリアも外観と同様に、白と茶色を基調としていますが、室内は外装よりも明るめの色調としています。間取りでこだわったのは、親御さん世帯のリビング。お正月やクリスマス、ご家族のお誕生日など、イベントや行事ごとの際に、3世代全員が集まれるよう十分に広さを確保したそうです。

川崎市のIさん邸2(タマック)

またリビングと隣り合わせに和室を配置し、そのふすまを開け放せば、幼稚園に通うお孫さんが走り回って遊べる広い空間になるそうです。

2世帯住宅に暮らしてみての感想をお聞きすると、ご両親とお子さんの距離が縮まり、おじいちゃん、おばあちゃんに懐くようになったと語ってくれました。子育てサポートもしてもらえ、良いことづくめ、とのこと。

川崎市高津区 Aさん宅

川崎市のAさん邸(タマック)

木造2×4で、建物の形状は比較的オーソドックスですが、濃淡2色のグレーの、異なる種類の外壁材をあしらうことで、存在感を主張しています。

また門扉から玄関までには淡いベージュのタイルを敷き詰め、同じタイルでお庭にデッキ状のスペースも設けています。この工夫にはなかなかのセンスを感じさせられます。晴れた日には小さいお子さんの格好の遊び場になっているとか。

川崎市のAさん邸2(タマック)

インテリアにはナチュラルウッドの風合いを感じさせるフローリングに白の壁材を使用。ただし、寝室には淡いピンク、淡いグリーンの壁材、和室にはクリーム色の壁祭を使用し、変化をつけています。

そして一番のこだわりは、リビングの吹き抜け。窓を開けると心地よい風が通り抜けるとのことで、ご家族全員が満足しているそうです。

川崎市多摩区 Iさん宅

多摩区のIさん邸(タマック)

木造2×4に、ブラウンの総タイル貼りの外壁をあしらった、外国の住宅を彷彿させる外観が目を惹きます。分離型を選択したのに伴い、玄関ポーチを広めにしているそうです。

親御さん世帯のリビングは、ご両親、ご夫婦、娘さんが全員で集まれるように広さと開放感を意識したとのこと。

特にお母さまの「リビングから庭が眺められるようにしたい」という要望を叶えているそうです。

多摩区のIさん邸2(タマック)

もうひとつの大きな特徴が、空間を細かく仕切らずに、スキップフロアを配している点です。これは息子さん世帯の「できるだけ開放感を味わえるようにしたい」との要望を受け提案されたアイディアとのことです。
またお子さんの部屋にはスペース有効活用のためロフトを設けたところ、秘密基地のような感覚で楽しめているとのことです。

 
川崎の注文住宅会社&工務店おすすめ口コミ評判ランキング